揺れるもの恐怖症・その他の恐怖症・改善の手立て

 

ソウルナビは

数ある恐怖症のなかでも

特に、揺れるもの恐怖症に力を注いでいます。

 

高所恐怖症ほどメジャーではないですが、揺れるもの恐怖症を抱えておられる方は以外に多いのです。

しかし、そのような方は周囲の目を気にして抱え込んでおられます。

なるべく揺れるものを避けて何とか平常心を保っているのです。



揺れるものは日常に溢れ、どれだけ苦しんでおられるかをクライアントさんを通して知りました。

少しでも楽になり、当たり前の日常を取り戻して頂きたい

その一心でセラピーを行っています。


 


もしも、クスリでもカウンセリングでも解決出来なかった場合は

ヒプノセラピー(多次元ヒプノセラピー)を解決方法の一つとしてお考え頂ければと存じます。

 

 


 

催眠療法(ヒプノセラピー)と聞くと、怖い、怪しいと思われがちですが、

思い出したくないもの、見たくないものは、

潜在意識が自動制御しガードしてくれます。

催眠はご本人の許容範囲内で行われるのでご安心下さい。

 

 

催眠状態は、睡眠とは異なり、周囲の音も状況も全て把握しています。

セッションは本人の意思でいつでも止められますし、

セラピストに操られる事も、催眠から覚めない事もございません。

 

原因は驚くほど

些細な事である事が多いのです。

 

もしも、

催眠が苦手とおっしゃる方には、その他の療法もございますので

ご相談下さい。

最良、最適な方法をご提案させて頂きます。

 


 

どうかご自分だけで抱えこまないで、恐怖を解放してあげて下さいね。

解決、改善の手立ては必ずあります。

安らかな日常を取り戻せる事を願っております。

お待ちしております。

 

 

 

◆恐怖を感じるもの、苦手なもの

揺れるもの怖い恐怖症☆改善の糸口

 

カーテン、紐が揺れて怖い、鈴の音怖い 揺れる恐怖症の改善には・・・

 10917818_355616887962245_3850735720115948390_n[1]


ソウルナビは

数ある恐怖症のなかでも

特に、揺れるもの恐怖症に力を注いでいます。

 

無意識の不安に結びついている「揺れるもの恐怖症」は特に難しい恐怖症と言えるでしょう。

 

高所恐怖症ほどメジャーではないですが、揺れるもの恐怖症を抱えておられる方は以外に多いのです。

しかし、そのような方は周囲の目を気にして抱え込んでおられます。

なるべく揺れるものを避けて何とか平常心を保っているのです。

 

 

◆恐怖を感じるもの、苦手なもの

 

 

 

 

一般的に恐怖症でお悩みの方は

精神科、心療内科や心理カウンセリングを受診されると思いますが、

もしも、クスリでもカウンセリングでも解決出来なかった場合は

ヒプノセラピーを解決方法の一つとしても良いかと思います。

 

何故なら、揺れるものが何故怖いのかの原因を探るとなると、

赤ちゃんの時(生まれてまもなく)から既に揺れるもので泣いていたとしたら、

原因を探りたくても現世でのトラウマは考えにくいですよね

 

それ以前となると

母のお腹の中か前世と言うことになり

心療内科、カウンセリングでは解決は難しいのかなと・・・

そうなると

退行催眠療法が有効です。

 

 

ソウルナビでは、

多次元ヒプノセラピーという手法で揺れるものが怖くなったそもそもの原因を探求します。

そして、その元を解放し癒します。

揺れるものが怖い原因を理解し、お腹の底から納得すると

怖い感覚がどんどんと薄らいでいきます。

 

 

しかしながら、

「催眠は怖い、原因を知るのが怖い」と仰るかたも多いです。

でも

催眠療法(ヒプノセラピー)はけっして怪しくも怖くも有りませんし、安全な療法です。

どうかご安心くださいね。

 

それでも、

催眠療法(前世療法)に抵抗があると言う方には

イメージ療法や暗示療法を受けて頂けます。

解決、改善の手立ては必ずあります。

どうか抱えこまないで解放して下さいね。

 

 1610941_1435046596804847_5377525315828163509_n[1]

 

揺れるものは日常に溢れ、どれだけ苦しんでおられるかをクライアントさんを通して知りました。

少しでも楽になり、当たり前の日常を取り戻して頂きたい

その一心でセラピーを行っています。

複数回のセラピーが必要な場合には、リピート割引もございます。

お待ちしております。

 

閉所恐怖症

閉所恐怖症と一口に言っても。

ただ狭いところが苦手という訳ではなくて

通常、その他に苦手なものがいくつか付随するようです。

 

例えば

暗いところも苦手であったり

狭さの苦手度も、横幅が狭いよりも天井が低い方が苦手であったりします。

出られないという恐怖が

電車の急行や特急に乗れなくなったり、飛行機も苦手です。

 

また、

満員電車が苦手なのは、圧迫感や閉塞感が原因のようです。

一見、日常生活を普通におくっているように見えても

閉所恐怖症の方は以上の他に

不便なことが沢山有ります。

 

 

例えば、

・外出先でトイレに入りたくない。

・MRI検査でドーム型に入れない。

・豆電球を付けないと寝れない

・ダイビングが出来ない

・地下のお店に入れない

・天井が低いところにいると息が詰まる

などなど・・・

何故こんなに不安になるのか?

もの心ついた時から怖く、原因の心あたりが無い

他の人が怖くないのに何故自分だけ怖いのか?

とても不安になりますね。

 

 

恐怖症の改善方法は様々あると思いますが、

その一つに

ヒプノセラピー(催眠療法)が有ります。

顕在意識で原因がわからない場合には、潜在意識の情報から

その原因を探るとわかる場合があります。

 

 

ヒプノセラピーでは、原因を探求して、

問題となっていたネガティブなエネルギーを開放します。

その結果、ずっと長きに渡って開放したかった感情と体が癒やされて恐怖が改善されていきます。

 

催眠療法は決して怪しく怖いものでは有りません。

セッションの間(催眠状態)、クライアントさんは意識を失うことなく、

自分自身をコントロールできるので、セラピストに言いなりになることは有りませんのでご安心下さい。

その他の恐怖症でお困りの方もご相談下さいね。

揺れるものが怖い 恐怖症・・解決改善の手立て

10847795_943217245703401_7112291369713655509_n[1]

ソウルナビは

数ある恐怖症のなかでも

特に、揺れるもの恐怖症に力を注いでいます。

 

高所恐怖症ほどメジャーではないですが、揺れるもの恐怖症を抱えておられる方は以外に多いのです。

しかし、そのような方は周囲の目を気にして抱え込んでおられます。

なるべく揺れるものを避けて何とか平常心を保っているのです。

 

揺れるものは日常に溢れ、どれだけ苦しんでおられるかをクライアントさんを通して知りました。

少しでも楽になり、当たり前の日常を取り戻して頂きたい

その一心でセラピーを行っています。

 

 

心療内科では、クスリが出るだけ、

カウンセリングへ行ってもお話を聞いてもらえるだけで

改善の為のアドバイスも無かったとクライアントさんからお聞きしました。

 

ましてや、「気にしないように心がけて下さい」と言われたそうです。

気にしないようにして恐怖が改善されたのなら、世の中に恐怖症なんて無いですよね!

クスリを2年間も飲み続けても全く恐怖は無くならなかったと仰るクライアントさんもおられました。

 

心療内科や心理カウンセリングを否定するものでは有りませんが、

もしも、クスリでもカウンセリングでも解決出来なかった場合は

ヒプノセラピーを解決方法の一つとしても良いかと思います。

 

何故なら、

赤ちゃんの時(生まれてまもなく)から既に揺れるもので泣いていたとしたら、

原因を探りたくても現世でのトラウマは考えにくいですよね

それ以前となると

母のお腹の中か前世と言うことになり

心療内科、カウンセリングでは解決は難しいです。

 

そうなると

退行催眠療法が有効ですが、

「催眠は怖い、原因を知るのが怖い」と仰るかたも多いです。

でも

催眠療法(ヒプノセラピー)はけっして怪しくも怖くも有りませんし、安全な療法です。

 

 

そして、

揺れるものが怖い前世をたどっても、

オドロオドロしいものが出てきた事は一度も有りません。

原因は

本当に些細な事である事が多いのです。

どうかご安心くださいね。

 

そして、試しにヒプノセラピー(催眠療法)を受けてみて下さい。

楽になった方も事実いらっしゃいます。

 

どうか抱えこまないで解放して下さいね。

解決、改善の手立ては必ずあります。

お待ちしております。

 

 

 ◆恐怖を感じるもの、苦手なもの

 

恐怖症のメカニズム

 

P1000874

恐怖の感情はなぜ起こるのでしょうか?

心理学者のワトソンが行った有名な心理学実験があります。

昔アメリカに、アルバート坊やという生後11ヵ月の男の子がいました。
ワトソンは、恐怖を引き起こす原因を探るために、白ネズミを使ってある仕掛けをしました。

アルバート坊やが白ネズミに手を伸ばそうとしたとき、いきなり「ガーン」という大きくていやな音を聞かせました。
するとアルバート坊やはびっくりして泣き出しました。

このことを繰り返すと、最初はネズミが平気だったアルバート坊やは、白ネズミを見ただけで怖がって泣き出すようになり、
更には、ネズミだけではなく、白ウサギや白い毛皮、男性の白ヒゲなど
白ネズミから連想出来るものまで怖がるようになりました。

この実験結果からワトソンは、

『恐怖(症)は、

後天的な学習(条件付け)によって作り出される』
と主張しました。

つまり、いやな音と白ネズミがアルバート坊やの頭の中で結びつき、「恐怖の条件づけ」が起こったのです。

たとえば、海でおぼれかけた子どもは、浅いプールやお風呂に入ることさえ怖がることがあります。
また、お医者さんで痛い注射をされた後、歯医者さんや、白衣を着た人すべてを怖がるようになるのも同様です。

恐怖症のメカニズムは、

いやな経験と感情が結びつくことによって(恐怖の条件づけ)、平気だったことが苦手になったり恐怖になるということ、

そして、怖がる対象がさらに広がり、恐怖の感情や辛さを伴う身体的な症状が強化されていくということです。

 

恐怖症でお悩みの方々へ・・・

 

画像
 
 
 

『揺れるもの恐怖症 風鈴の恐怖 前世体験談』の記事は反響を呼んでおります。

「Hさんと全く同じ症状です」「自分だけじゃなかったんだと知り、安心しました、」

「記事を読んで勇気づけられました。」

といったお便りをよく頂きます、少しでもお悩みをお持ちの方のお役にたてましたら嬉しく思います。

『揺れるもの恐怖症の克服 風鈴の恐怖 その後 記事』

 

 

心療内科やカウンセリングに行っても、一向に改善しない場合、

「どこへ行ったらこの問題は解決するんだろうか?」

「なんで、〇〇にこんなにも恐怖を感じるのか?」

「一生この恐怖から逃れられないのか?

という思いに陥り

その思いは、更なるストレスを呼びこみ、恐怖症を悪化させていきます。

 

 

自然に触れたり、趣味に没頭するなど、気分転換をすることはストレス解消には良いですが、

原因不明の恐怖の元を究明することは、恐怖症改善に有効な方法の一つです。

 

しかし、現世で恐怖体験に心当たりが無い場合はどうしたら良いのでしょうか?

そのような場合は、催眠療法を用いると、

本人も忘れてしまっている、

現世や過去世での恐怖の元となった、そもそもの原因を見つける可能性が高まります。

潜在意識の中にある膨大な情報にアクセスする事が出来るからです。

 

 

前世療法により現れた、前世であると思われるイメージには、

恐怖症となったそもそもの原因が隠れ、そのままの状態で封印されています。

 

前世の人格は、

その過去世の中で経験した、ネガティブエネルギーを解放して、

癒やしてもらえる事を待っています。

 

催眠下でそのことを確認すると、恐怖症が改善されるだけでなく、
人生そのものが変わっていくでしょう。

恐怖症はその願いに気づかせてくれる重要なファクターなんです。

 

<ソウルナビの多次元ヒプノセラピーは、恐怖の原因究明だけでなく、

ネガティブエネルギーを解放し、癒やした後、カタルシス(感情の浄化)まで導きます。>

  

前世療法のセッションを重ね、

様々な現世や過去世での恐怖症となった問題に丁寧に対処し、浄化が進んでいくと、

「あれっ?怖くない」「なんで?」

と言うような不思議な感覚や感情になっていかれるでしょう。

 

 

以前の、青ざめ、凍りつく感じが消え

ザワザワした、落ち着きのない感覚が出て来なくなります。

胸が締め付けられ、下から突き上げてくるような嫌な感覚が無くなります。

 

思い出そうとしても恐怖の感じを再現出来ない・・・

知らず知らずのうちに恐怖は消え去っているのです。

 

【恐怖症をきっかけとして、本当の自分に辿り着ける】

実はそれが恐怖症をもって生まれてきた人生の目的の一つだと私は思っています。

困難な中にこそ宝物があります。

恐怖症は単なる悪ではないのです・・・

 

辛く苦しいけれど、恐怖症の症状が重くなった感じをもったら、
逆に、恐怖症を避けずに正面から向き合い、勇気を持って立ち向かって行って下さいね。
その時こそ、恐怖を解放するチャンスだからです。
 

 

霊能者の方に前世を観てもらう事は出来ますが、

前世に取り残されたネガティブエネルギーを救い出し、癒す事が出来るのは当事者、本人です。

なぜなら心底、腑に落ちるリアルな感覚を伴うことが重要で、それこそが浄化を加速して行くからです。

 

 

解放を望んでいるネガティブエネルギーを自分自身で解放し、癒してあげる事により、

浄化が進み

前世の自分と現世の自分が同時に癒され、

結果、恐怖症が改善、人生が好転して行きます。

 

不思議だし、信じられないような話だと思いますが、

私は、様々なクライアントさんとのセッションを通じて効果を目のあたりにしてきました。

 

事実、クライアントさんは、

「今は、どのような困難さにも負けない強さと自信をハラ(腹)で感じます。」

「恐怖症で良かった!。自分がとても大切に思えるようになりました!」と笑顔でおっしゃいました。

 

 130606_0652~02

「私達は、痛みや葛藤、感動など、様々な経験を通じて成長していく永遠の存在である」

頭での理解ではなくて、
魂レベルで「わかる!」という感覚

そのような、気付きに導いてくれる可能性が催眠療法にはあると思います。

 

恐怖症でお悩みの方々が、
一日も早く、平穏な生活を取り戻して自分らしく生きて行かれますように、
真摯にサポートさせて頂きます。
 

★お申込み、お問い合わせはこちらから

 

揺れるもの恐怖症の克服 (風鈴の恐怖)その後

昨年の夏 風鈴の音に耐え難い恐怖を感じて、家から一歩も出られなくなってしまったHさんでしたが、

ソウルナビの多次元ヒプノセラピーを受けられた直後に生理が戻られ翌月に妊娠なさいました。
(ストレスの為生理が止まっていたそうです)

現在は、精神状態は安定、こみ上げてくる不安感に悩まされる事はないそうです。

そして、今年の夏、無事に元気な男の子を出産し、嬉しい報告を頂きました。
本当に良かったですね~♡
おめでとうございます。

 

不思議な事に、Hさん以外にも「揺れるもの恐怖症」でソウルナビにいらっしゃった方も
セラピー直後に妊娠なさいました。
その方は第2子となりますが、なんと10年ぶりの妊娠と言うことで大変驚きました。
おめでとうございます。

 

 

以下に風鈴の恐怖を克服したHさんの体験談を再度アップ致します。

(公開の了承を得ております。)

 

 

30代女性のHさんは長年にわたる風鈴に対する恐怖症を抱えておられました。

時計の秒針音、メトロノーム、波の打ち寄せる感じ、ブランコ、鈴、ゴーンと響く鐘の音、カーテンの揺れ、なども苦手だそうです。

この夏、風鈴の音に対して恐怖が増幅、どうにも苦しい状況になり、

心療内科、カウンセリングにも通われたのですが、

改善が見込まれなかった為、

ヒプノセラピーを受ける事を決心、ソウルナビにいらっしゃいました。

 

 

☆多次元ヒプノセラピー 申込☆

はじめまして。
今回は、とにかく風鈴の音が怖くて生活に支障をきたしており、どうか助けていただきたいという思いで、申し込みました。

幼い頃より、鈴の音や、揺れている物や音(ブランコ、振り子時計、波、風鈴など)が苦手でした。
どうにか周りにそういったもの置かない、近づかない様にし、なんとか普通に生活してまいりました。

埼玉より横浜へ昨年の冬に引っ越しをし、初めての夏を過ごしているのですが、
新しい土地で風鈴が近所でつるされており、
ただうるさいという感覚とは異なり、怖くて怖くて落ち着けず、泣いたり、とても生活するのが苦しいのです。

今まで怖いと思っていた度合いが、増してしまっており、原因も分からず、どうしたらいいものか困っております。
治してもっと楽な気持ちで生活したいのです。
この様な私でも、助けていただけますでしょうか?

 

 

☆前世体験の感想☆

◇催眠の説明について (イメージングの練習など)

前世とはどんなものだろう?催眠には本当にかかるかな?どんな感じかな?と、
少々初めは不安もありましたが、
YORIKOさんに丁寧に説明していただいたおかげで、
不安なく催眠をうけられました。

練習も、練習なのでと気負うことなく出来ました。
練習で出てきた少女がすでに、前世の自分であったことに驚きました。

 

◇ヨガ呼吸法について

とてもリラックスできました。

YORIKOさんの声が心地よく、
以前に他のヨカスタジオで行ったことのあるヨガより、
短時間でリラックスできた様に感じました。

 

◇フィードバック(体験後のカウンセリング)について

セラピーについて、特に詳しい知識を持っていない自分でしたが、
すんなり受け止め、感じることができました。

 

 

・体験後の恐怖度の感じ方

セラピー直後に、YORIKOさんと風鈴についてお話をしていて
『風鈴』と、文字にすることも、頭に思い浮かべることにも、
ゾワゾワし、恐怖に感じていたはずなのですが、それがありませんでした。

 

うまく言い表せないのでですが、
言葉で表すと「恐怖に感じていない」、となるのでしょうが、
いつも感じていた感情が思い出せない感じで、とても平和で穏やかなのです。

 

何かを感じていたはずなのに、その何かってどんな感じだったっけ??
といった気分です。

 

セラピーの帰り道、風で木々や、のぼりが風で揺れているのを見ても、
ゾワゾワしていたはずなのですが、
なんとも足取りが軽やかで空気が気持ちよく感じました。
久々の感覚です。

本日(セラピーの翌日)外出し、誰かがつけている鈴などに、
「あれ?鈴が聞こえてきたのに、反応してない??」と、不思議な感じでした。

 

これが普通なのかもしれませんが、以前の私は、とても過敏になっており、
すぐ嫌な音を見つけていたし、聞こえたとたんビクッとし、
どこに鈴があるか探して、みつけては嫌な憎き物を見る様な目つきで見ていたと思います。
本日は聞こえてきたことに気がつくのも遅く、今までと異なる自分がいることに気がつきました。

 

今後、今まで私が苦手の対象としていたものに出会っても、
この穏やかな気持ちと、この感覚でいられたらと思います。
今は少し大丈夫な気がしています。

驚いたことに、生理が戻ってきました。相当なストレスがかかっていたのだな~と思いました。

(妊娠ではないのに、生理が遅れていて心配していました。)

 

◇ヒプノセラピー全般の感想

前世の私が感じた苦しみを知り、驚きました。

受けて良かったです。
YORIKOさんとの出会いに感謝しています。

本当に救われたと感じております。
ありがとうございました。

次回のセッションも楽しみにしています

 

恐怖エネルギーの中にあるエッセンスとは?

 

「揺れるもの恐怖症」

揺れるものは日常にあふれているので、この恐怖を持っている方のストレスは相当なものです。

傘の揺れ、靴べらの揺れ、カレンダーの揺れ、ハンガーの揺れ、
お風呂のお湯の揺れ、流しのたらいの水の揺れ、ブランコ、鐘の音、波、
電灯の紐揺れ、風の強い日、旗の揺れ、イヤリングの揺れ、メトロノーム、
ウインカー、繰り返しの音楽、などなど・・・
 

 

揺れるものが怖い=ネガティブエネルギー(不安、恐怖、失望など
両者は鎖のように繋がっています。
 
 
揺れる気持ち、揺れるココロなどと言いますが、
 
【揺れる】には不安感が絶えずつきまとうので、
「揺れるもの恐怖症」は克服にとても難かしい恐怖症です。
 
クライアントさんの多くは、幼少期からこの症状があるのも特徴的です。

 

 

何故揺れるものが怖いのか?その理由がわからないのも、さらなる不安をあおります。

 

しかし、催眠療法により、その原因となった元にたどり着くことが出来れば
恐怖の感情を開放出来る可能性は広がります。
 
 
 
 
現在通われていらっしゃるクライアントさんは、恐怖症の原因となった過去世を辿る毎に回復しています
 
 
そして、恐怖症の改善以外に、ものの感じ方、考え方が飛躍的に前向きになり表情がいきいきしてきました。
 
実は、恐怖症は今回の人生を充実して生きるために必要なエッセンスだったという事に気づいたからです。
 
素晴らしいですね!
 
 
 
 
恐怖が素晴らしいエッセンスだなんて、ちょっと矛盾した考え方だと思われるでしょう。
 
この厄介な恐怖の感情が宝物だなんて、あり得ないですよね!
 
しかし、過去世からつながっているこの感情は、今を有意義に生きるために重要な気付きとなるものです。
 
前世の自分からのメッセージはそのヒントとなるものを今のあなたに教えてくれます。
 
 
そして、腑に落ちる感じでそれを理解すると、パラダイムが変わります。
 
(別の枠組みで物事を捉えられるようになる)
 
 

恐怖症を抱え込まず、諦めないで、自分のココロ(魂)と向き合って

 

一日も早く、怯える事のない、普通の生活を取り戻しませんか?
 
そして、清々しい気持ちで日々をお過ごし下さいね
 
 
 
 
 
print-is50てんとう虫とクローバー.gif

 

 

 

【お申込み方法】

 

お問い合わせ、ご予約有難うございます。
 

お問い合わせ・ご予約へ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

揺れるものが怖い 症状と共通点、改善策

最近、ソウルナビでは、

揺れるものが怖いというお悩みの方が続けてカウンセリングにおみえになっています。

以前にアップした「風鈴についての恐怖」という記事を読まれたようです。

 

どの方も揺れるものが怖いのですが、若干苦手なものが違っているようです。

 

 

◆恐怖を感じるもの、苦手なもの

・ブランコ

・電灯の紐の揺れ

・風が強い日

・お風呂のお湯の揺れ

・洗い物も桶の水の揺れ

・音のでるおもちゃ

・メトロノーム
 

・傘や靴べらの揺れ

・洗濯物の揺れ

・雑音

・ぐるぐる回るもの

・鐘の音

・波の満引きと波がぶつかる音 

                     などなど・・・

 

 

◆揺れるものが怖いと感じた時の症状

・心がざわざわした感じ

・ジェットコースターに乗って急降下した時に感じる胃が持ち上がる感じ

・そわそわ落ち着かない感じ

・胸が締め付けられる感じ

・体が硬直

・冷や汗が出る

 

☆揺れるものが怖い方の共通点

・心配性(あれやこれやと先々の事を不安に思う癖がある)

 

・揺れるものが怖くなった原因がわからない(現世での原因が見当たらない)

 

・幼少期から揺れるものが怖かった

 

・周囲に気を使う性格

 

 

★ソウルナビでの対処法

 

クライアントさんに最も適している療法をピックアップします。

症状に合わせ、ツールを変えて段階式にカウンセリングを行います。

 

 

☆メソッドとツール

 ・前世療法

 ・インナーチャイルド療法 

 ・サブパーソナリティ療法

 ・年齢退行

 ・タッピング(EFT)

 ・暗示療法

 ・イメージ療法(N L P)

 ・フラワーエッセンス

 ・メンタルブロック解除

 ・呼吸法