呼吸の秘密 浄化呼吸法(痛み、悩み、疲れ、心の苦しみなどの邪気を追い出す)

 

 

print-is50てんとう虫とクローバー.gif
今日は日常生活にとても役に立つ「浄化呼吸法」をご紹介しますね

呼吸法は単なる酸素の出し入れではありません。

 

 

人間だけがもっている素晴らしい能力、イメージングを使うことで、意識するものや焦点を当てたエネルギーを引き寄せる事が出来ます。

 

 

浄化呼吸法は

このイメージング力を使い、マイナスエネルギーを追い出しプラスエネルギーを誘導して、

癒しを加速、浄化していく呼吸法です。

 

 

吐息でネガティブな思い、マイナスエネルギーを3回にわけて吐き出し

吸息では、新鮮なエネルギーが入ってくるとイメージしながら吸い込んでいきます。

 

 

コツはいかにイメージを上手く使えるかです。

その気になることが重要ですよ!

 

 

<浄化呼吸法のやり方>

 

➀吐息

口を僅かに開き歯と歯の間から少しずつ息を吐いていく。

 

この時3回に分けて吐いていきますが、その際にマイナスエネルギーが出ていくとイメージします。

 

マイナスエネルギーは例えば、ここの苦しみや体の痛み、などです

 

(息の吐き方は1回は優しく2回目はもう少し強く3回目は強めに吐き、吐ききります)

 

 

②吸息

 

新鮮な空気、心地のよいエネルギーが入ってくるとイメージしながら気持よく鼻からゆっくり吸い込んで行きましょう。

 

この時、体中がキラキラ輝き、癒されていくとイメージします。

 

 

③保留息

 

②でイメージしたエネルギーが体中に広がり、60兆個の細胞がイキイキと活性しているとイメージしながら息を保持します(苦しくならない程度)

 

①から③を気が済むまで繰り返しましょう。

あまり深刻にならずに淡々とやるほうが効果が出やすいです。

 

辛い時は無理やりポジティブにならなくても大丈夫

それよりもネガティブなマイナスエネルギーを追い出すことを優先してみましょう

そんな時、この「浄化呼吸法」が役に立つはずですよ!

 

とても簡単でいつでもどこでも行える方法ですので、是非お試し下さいね。

illust879_thumb.gif