閉所恐怖症

閉所恐怖症と一口に言っても。

ただ狭いところが苦手という訳ではなくて

通常、その他に苦手なものがいくつか付随するようです。

 

例えば

暗いところも苦手であったり

狭さの苦手度も、横幅が狭いよりも天井が低い方が苦手であったりします。

出られないという恐怖が

電車の急行や特急に乗れなくなったり、飛行機も苦手です。

 

また、

満員電車が苦手なのは、圧迫感や閉塞感が原因のようです。

一見、日常生活を普通におくっているように見えても

閉所恐怖症の方は以上の他に

不便なことが沢山有ります。

 

 

例えば、

・外出先でトイレに入りたくない。

・MRI検査でドーム型に入れない。

・豆電球を付けないと寝れない

・ダイビングが出来ない

・地下のお店に入れない

・天井が低いところにいると息が詰まる

などなど・・・

何故こんなに不安になるのか?

もの心ついた時から怖く、原因の心あたりが無い

他の人が怖くないのに何故自分だけ怖いのか?

とても不安になりますね。

 

 

恐怖症の改善方法は様々あると思いますが、

その一つに

ヒプノセラピー(催眠療法)が有ります。

顕在意識で原因がわからない場合には、潜在意識の情報から

その原因を探るとわかる場合があります。

 

 

ヒプノセラピーでは、原因を探求して、

問題となっていたネガティブなエネルギーを開放します。

その結果、ずっと長きに渡って開放したかった感情と体が癒やされて恐怖が改善されていきます。

 

催眠療法は決して怪しく怖いものでは有りません。

セッションの間(催眠状態)、クライアントさんは意識を失うことなく、

自分自身をコントロールできるので、セラピストに言いなりになることは有りませんのでご安心下さい。

その他の恐怖症でお困りの方もご相談下さいね。