暗示療法★望む未来の為の成功法則

願望実現の為に

願いを込めた暗示を潜在意識に受け入れてもらうには、

先ず、暗示の性質を理解することが重要です。

 

 

暗示とは・・・

ある事を人の心の中に入れる行為です。

暗示された思想や観念が受け入れられ、実行に移される場合のその心的過程です。

 

 

 

暗示の性質

 

暗示は心がそれを受け入れない限り、それ自体では何の力もありません。

意識する心の意思に反しては、何かを潜在意識に押し付ける事は出来ないのです。

 

つまり、

意識する心(顕在意識)は与えられた暗示を拒絶する力を持っていると言う事です。

だからこそ暗示療法は安心と言えます。(他者による暗示で言いなりになることはない)

 

潜在意識は、

あなたの思想や観念がOKを出した暗示しか受け入れません。

どんな暗示でも受け入れると言うことはなく、

暗示の性質に応じて限定された方向にしか流れないのです。

 

 

★暗示の失敗例

 

例えば、現在お金に困っている人が経済的困難を回避するために

「私は豊かで、有り余るお金を持っています」と暗示を入れようとした場合、

 

意識する心(顕在意識)は「お金に苦心している自分が豊かな訳がない」と葛藤し抵抗し始めます。

 

すると潜在意識は

「私は豊かで、有り余るお金を持っています」ではなく、

本音の部分「お金に苦心している自分が豊かな訳がない」を採用するのです。

 

これでは、一向に暗示の効果が得られないどころか、

ますます豊かさから離れた状態が現実化してしまいます。

 

それでは

潜在意識に暗示を確実に受け入れてもらえるには、どの様にしたら良いのでしょうか?

また、暗示の効果を最大限にするには、どの様にしたら良いのでしょうか?

 

それは、

意識する心(顕在意識)=無意識の心(潜在意識)の状態になれば良いのです。

何故ならば、

意識する心が抵抗している限り

暗示の力は威力を発揮出来ないからです。

 

 

 

 

ソウルナビで行う暗示療法は、

先ず、

ある考え(望み)をいったん受け入れるとそれを実行し始めるという

潜在意識と暗示の性質を詳しく丁寧にレクチャーし、

しっかりと理解して頂きます。

 

その上で、

催眠誘導により意識する心をゆったりと緩めて、潜在意識が暗示を最大限に受け入れ易い状態をつくります。

 

クライアントさんがその暗示(望み)を抵抗なく受け入れる言葉を慎重に選びながら

(意識する心(顕在意識)=無意識の心(潜在意識)の状態)

そのアファメーション(暗示)を繰り返して潜在意識に送り込みます。

 

と同時に、

ありありとリアルに、なりたい自分や状況、情景、結果をイメージングして頂きます。

(イメージングしやすいように誘導いたしますので、妄想が苦手もご安心下さい)

 

 

まとめると

暗示には以下の3つが大変重要です。

 

*潜在意識の働き方を理解する。

1,体とココロを緩める

2,言葉の選び方

3、イメージング

 

他者による催眠誘導は、

潜在意識が暗示を受け入れ易くなる状態を短時間で作れる事、

誤った言葉選びで暗示の効果を妨げる事が無いという利点があります。

 

また、

他者誘導は、イメージングのリアル感が格段にUPする点が自己暗示に勝ります。

(イメージング力UPは願望達成のスピードに比例します。)

 

 

あなたの中に眠っている豊かさの源泉に触れてみませんか?

暗示力を使って、潜在意識の無限の豊かさを証明しましょう。

 

 

あなたの望みは何ですか?

「最速で願いが叶う暗示療法」で、

あなたの夢を速攻で現実化して下さいね。

お待ちしております。